仮想通貨の投資には税金がかかる

仮想通貨は値段が乱高下しやすく、あまり利益がないのに税金が高くなり収支がマイナスになることもあります。
マイニング投資は取得した時点の時価が収益額として評価され、一定期間ごとに報酬として振り込まれる場合にはズレることが多いです。

税金は国税庁が「仮想通貨に関する税務上の取り扱いについて」で紹介され、事前に確認してから行わないと逆に赤字になるリスクがあります。
仮想通貨で利益を出す方法は資産運用やマイニングがあり、税金は報酬が多くなれば税率が高くなる仕組みです。

このため、値動きが激しいと一獲千金を狙えますが税率が高くなるため、損をしないように金銭計画を立てる必要があります。税金は確定申告をしてきちんと納める必要があり、会社にバレたくないときは普通徴収を選び期日内に手続きを済ませることが大事です。

実際には詐欺が多い

マイニングはマイニングマシンを購入すれば自動的に計算してブロックチェーンに接続してもらえ、仮想通貨を報酬として受け取れます。
ただし、仮想通貨の値動きが激しく課税対象所得になり、税金が予想以上に高くなることやイメージどおりにならないことも多いです。

また、マイニングマシンは価格が50万円~100万円と高くなり、売りつける詐欺が発生しやすいです。
マイニングはただ単にマイニングマシンを購入すると仮想通貨を報酬としてもらえるわけでなく、実際には電気代やメンテナンス費用などのコストがかかります。

電気代は日本だと高く安い国や地域で運用を行いますが、現地には中国人などが多くマイニングマシンを使っているため競争が激しいです。

他社に依頼するときは注意が必要

マイニング投資は最初にマイニングマシンを購入する必要がありますが、それだけでも100万円と高くなります。
購入するための資金がない場合は借金をすればマイニンの報酬で回収できると考えがちですが、実際には最低でも5年かかることが多いです。
このため、途中で辞めると赤字になりますが、プールマイニングやクラウドマイニングをすると初期費用なしでできます。
ただし、グループに所属して利益を分配する仕組みになり、運次第になることもあります。

また、ソロマイニングのようにマイニングマシンを購入する方法ではありませんが、近年では競争が激化しグループの人数が増えやすいです。
このため、失敗すると報酬が非常に少なくなるリスクもあり、信用できるか確かめて最適な方法を探す必要があります。