真面目に一生懸命会社員として仕事をこなしているものの、思う様に給料が上がらず不満を持っている人は珍しくないです。
ですがより高い給料が貰える会社に転職するとなると、何だかんだリスクも生じてしまいます。

なので転職には踏み切れず、給料に対する不満を副業を行う事で補おうとする人が増えているのです。
しかもネット副業という方法であれば、会社帰りにわざわざ他の勤務地に趣く必要はありません。自宅に帰って気軽に副業が可能なので、かなり魅力的です。

ただしネット副業に関する注意点としては、基本的に会社にバレる点を留意しておく必要があります。
会社の中には残念ながら就業規則によって、副業が禁止されている所もあるのです。ところがネット副業という方法であれば、他の会社やお店に出入りする訳ではないので、副業が禁止されている会社でも副業がバレる可能性はないと思い込んでしまいます。

残念ながらネット副業でも、税金関係で会社にバレてしまう可能性が高いです。
ネット副業で収入が増えると申告の義務を負う事になるので、その結果、税金の金額で会社に副業を行っている事がバレてしまいます。だからこそ副業が禁止されている会社に勤務している人は、ネット副業であっても手出しすべきではないです。

もっとも副業が可能な会社に勤務し、ネット副業を始めようとする人はきちんと税金関係を把握しておく必要があります。
まず重要なポイントとしては、ネット副業で収入を得たからといって必ずしも申告が必要になる訳ではない点です。

会社員であればネット副業の収入が、年間で20万円を超えない限りは確定申告を行う必要はなかったりします。ただし副業の収入が20万円を超えてしまうと、その収入に関しては会社ではなく自力で忘れずに申告を行う必要がある点もきちんと把握しておくべきです。

ただしややこしいのが、ネット副業の収入が20万円を超えれば必ず申告を行う必要があるかというとそういう訳ではありません。
必要経費を差し引く事が出来るので例えネット副業で年間に21万円の収入があっても、必要経費が1万5000円あれば差し引き19万5000円の年間収入となり、確定申告の必要はなくなります。

しかもネット副業の場合、プロバイダー料といったネットに接続する費用も必要経費として計上する事が可能です。
他にもネット副業を始める際に勉強として使用した書籍代といった費用も、差し引く事が出来ます。この様に様々な費用を、必要経費に含める事が出来るので、ネット副業を始める際は、事前に必要経費に関する情報も入手しておくべきです。